HOME アプリケーション
アプリケーション

ポスター「UHPLCを用いた食品中成分の迅速分析」

発表用スライド・ポスター

学会名:日本食品衛生学会第115回学術講演会

会期:2019年10月3日(木)-4日(金)

ポスターは↓からダウンロードできます。

 

JSFH_P56


ポスター「UHPLCによる中分子ペプチドのメソッド開発」

発表用スライド・ポスター

学会名:日本分析化学会  第68回年会

会期:2019年9月11日(水)-13日(金)

ポスターは↓からダウンロードできます。

 

JSAC_P3152


テクニカルレポートNo.29 『HPLC⇔UHPLCメソッド移管』

テクニカルレポート

新製品FlexFireシリーズは「メソッド移管をもっと身近に」をテーマの元、1.6um, 2.6um, 5umの粒子径をラインナップしています。

HPLC⇔UHPLCメソッド移管は、充填剤の一貫性が重要な決め手となります。

 

本レポートでは、弊社が所有するHPLCおよびUHPLCを用いて具体的なメソッド移管例、失敗しないカラムとシステムのマッチングなどを掲載しています。

是非、ご覧ください。

 

Technical Report No.29


テクニカルレポートNo.28 「UHPLCによるわさび中シニグリンの分析」

テクニカルレポート

シニグリンは極性が高く、保持されにくい化合物です。このような化合物はHILICカラムへ移行するのも一つの手段ですが、選択するカラムによって逆相カラムでも保持と分離が可能となるケースがあります。

 

カラムには2019年9月発売予定の「FlexFire AQ C18」を使用しています。使い慣れたC18カラムで極性化合物を最大限に保持を得ることができます。また、移動相にもLC/MS導入を想定してギ酸アンモニウムのみを使用しています。

 

是非、ご覧ください!!

 

Technical Report No.28


テクニカルレポートNo.27 「UHPLCによる中分子ペプチドの分析」

テクニカルレポート

インスリン、テリパラチドをターゲットに酢酸、ギ酸、DFA、TFAの添加剤のみで構築したメソッドによる分析例を紹介します。

 

カラムには弊社新製品の「FlexFire C18」を使用しています。UV検出、LC/MSの検出のどちらにでも運用できるカラムとなります。

 

是非、ご覧ください!!

 

Technical Report No.27


No.112 ポリフェノール類の分析(HPLC)

食品

Column:

Develosil HSR AQ C18, 5um (4.6x150mm)

 

分析条件はテクニカルレポートNo.26 「1.6um UHPLCカラムを用いるポリフェノール類の分析」より逆移管しました。

併せてご覧ください。

 

Application Data No.112


テクニカルレポートNo.26 「1.6um UHPLCカラムを用いるポリフェノール類の分析」

テクニカルレポート

今や大変注目を集めているポリフェノールをUHPLCカラムを用いて分析した例を紹介します。

 

今回は、UHPLCカラムだけを使用して分析メソッドの構築、移動相の選択を行っております。ここで構築されたメソッドはLC/MSにも運用が可能だと思いますので、是非、ご覧ください。

 

Technical Report No.26


No.111 ジカルボン酸の分析(UHPLC)

その他

Column:

Develosil UHPLC C30, 1.6um (2.0x50mm)

Develosil UHPLC C18, 1.6um (2.0x50mm)

Develosil UHPLC C8, 1.6um (2.0x50mm)

Application Data No.111


No.110 リン酸基含有化合物の分析 II (dNTP)

生体

Column:

Develosil UHPLC C30, 1.6um (2.0x50mm)

Application Data No.110


必見!! カラムの接続について

テクニカルレポート

弊社に寄せられる問い合わせの中でも特に多い「カラムの接続」について解説します。

接続の選択は、得られる分析結果に大きな影響を与えます。そのため、どのような種類があって、どれに適しているのかを把握することは再現性の高い結果を得るためのファーストステップです。

Part1では弊社が取り扱う接続タイプの紹介とカラムを接続するためのツールをご紹介します。

Part2では弊社が導入しているシステムを例に、デッドボリュームが起きた際におけるデータの比較とその対処法を紹介しています。

 

カラムの接続 Part_1

 

カラムの接続 Part_2